banner

EGFとFGFを壊さない

プラセンタ100は製造段階で本来持っている成分を壊さないように配慮されていますが、特にプラセンタの成分でも重要になるEGFとFGFもしっかり保有されたままになっています。では一体これらの成分はどこで働いているのか?ですが、まずはこの成分について知るにあたって皮膚の構造についておおまかに知っておく必要があります。
●表皮‥役割はバリアと生成。角質層から基底層までを言う。基底層では細胞分裂が行われて、作られた細胞は少しずつ変化しながら上へと上がって行く。
●真皮‥弾力の基となる。主にコラーゲンとエラスチンが弾力生む。真皮にある線維芽細胞がこれらの基を作っている。
●皮下組織‥脂肪で出来ていて体温を維持する役目。
‥というようになっているのですが、
●EGF‥上皮細胞増殖因子と呼ばれる。この成分があると、本来ならば基底層でしか行われない表皮細胞の生成が基底層のすぐ上の有棘層、その上の顆粒層でも行われるようになり、皮膚の再生が早くなる。
●FGF‥線維芽細胞の働きを活性化させて弾力性をアップさせる。
というところで関連しています。あまり見慣れない成分だったので調べてみたらお肌に良い成分みたいです。プラセンタ100ならこれらも高濃度で含有されているので、この成分が良い結果に働きかけているかもしれません。(プラセンタ業界シェア70パーセントはすごい!)

注目記事

banner
継続しやすい価格設定

記事を見る

banner
EGFとFGFを壊さない

記事を見る

banner
なぜ豚由来なの?

記事を見る

Copyright(c) プラセンタ100のココが凄い. All Rights Reserved.